トップ
初体験
ひとしきり1人で極光ボルダ。
極光からただ今、男子1名が国体参加確定。羨ましいのと同時に、悔しさが込み上げる。ただただ僕は国体に行きたいのです。しかも極光の皆と行けたら最高だと思う今日この頃。

さぁ帰ろうと車を走らせたその時!

『シュパッ……、シュパッ……、シュパッ…シュパッ…シュパッ…パッ…パッパッパッパッパッ…』タイヤの回転数が上がるとともに、何だか嫌な音も速くなるではないか?
まずい、マズイぞ〜!経験したことはないが、これは恐らくあれである。
いかん、スペアは積んでないぞ〜〜〜!

乗車後、30秒で停車。

はい、パンクです。

保険屋のロードサービスに連絡し、待つこと40分。きらびやかな光に身を包んだスーパーヒーロー…
d0152764_21374598.jpg
『THE レッカー!』登場。まさか自分がお世話になるとは思いもせず、自宅まで搬送。

結局、穴もなく、エアー入れたら問題なく走れてるんですが、何だったんかいな?

d0152764_21374627.jpg
こうなるとただの鉄の塊である。

d0152764_21374715.jpg

[PR]
by goodwear0906 | 2011-07-16 21:15 | ジムニー
<< 頭がパンクしそう 厚化粧の下準備 >>